北九州の景色

ホーム


周防灘
  [2016/09/03]
 

周防灘(すおうなだ)は九州北東海岸と山口県南海岸に囲まれた瀬戸内海西部海域です。東端は熊毛半島で、西端は関門海峡です。関門海峡の先は日本海の響灘になります。南は祝島と姫島を結ぶ線で、その南の伊予灘と接します。

周防灘の名前は律令制に基づいた周防国に由来します。周防は現在の山口県の南東部分で、北西部分は長門になります。伊予灘は伊予国に由来し、現在の愛媛県に当たります。周防灘のうち福岡県北東部(周防灘に面する全域)と大分県北部(中津市・宇佐市)の海域は、豊前国に由来して豊前海と呼ばれます。これら周防灘の西側の深さは浅く、干潟が見られます。東にいくに従い周防灘は深くなります。

周防灘の沿岸を反時計回りに周回しましたので、その順に列挙します。
山口県
熊毛郡上関町、同平生町、同田布施町、光市、下松市、周南市、防府市、山口市、宇部市、山陽小野田市、下関市
福岡県
北九州市、京都郡苅田町、行橋市、築上郡築上町、豊前市、築上郡吉富町
大分県
中津市、宇佐市、豊後高田市、国東市、東国東郡姫島村
梶取岬は山口県熊毛郡田布施町と光市の境にあります。梶取岬を通る国道188号線上から東方向の眺めです。中央の山は熊毛半島で、山の反対側は柳井市になり、こちら側は熊毛郡平生町(ひらおちょう)で、半島の南端は同郡上関町(かみのせきちょう)です。右端に馬島が見えます。
   
左が馬島(田布施町)で、右は佐合島(さごうじま、平生町)です。  
   
左端に佐合島の南端が見え、中央は長島(上関町)です。長島は熊毛半島南端の室津(上関町)と上関大橋でつながっています。
   
梶取岬から南方向から少し西寄りです。牛島(光市)で、その背後に祝島(上関町)があります。  
   
牛島の右に小祝島(上関町)が見え、右に尾島(光市)が見えます。小祝島は祝島の西隣にあります。尾島は上の地図になく、牛島の西手前にあります。
   
梶取岬から北西方向です。室積半島(光市)が見えます。その背後は笠戸島(下松市)です。  
   
国道188号線を室積湾岸(光市)に進みます。高台の「かんぽのやど光」の前、国道188号線上から南東方向です。左は長島(上関町)で、右は牛島(光市)です。
   
南方向です。左手前は尾島(光市)です。後方左は祝島(上関町)で、右は小祝島(上関町)です。手前右端は室積半島(光市)の象鼻ヶ岬です。  
   
南西方向です。室積半島(光市)で、左端が象鼻ヶ岬です。
   
国道188号線を下松市に入り、県道366号、県道177号を進み笠戸島(下松市)につながる笠戸大橋の近くまで来ました。  
   
笠戸大橋の本土側手前から西方向で、笠戸湾の対岸の大島半島(周南市)です。
   
県道177号を県道366号に戻り、西進して周南市に入ります。県道170号線を周南市大島半島の居守漁港の横に進みます。居守漁港から南東方向の笠戸島(下松市)の北側です。笠戸大橋が左に見えます。  
   
居守漁港から南方向から少し西寄りです。中央で、笠戸島の南部と居守漁港を南に行った大島半島(周南市)の南部が重なって見えます。
   
県道177号を戻り、更に県道177号を北に行き、県道347号を経由して国道2号線に入り、防府市に入ります。国道2号線から県道58号線に入り、防府市江泊末田に到ります。末田集落越えの眺めで、東方向の少し南寄りです。左側手前は防府市富海八崎岬で、その背後は大津島(周南市)です。  
   
南方向から少し東寄りです。右の野島(防府市)と近くの島です。
   
県道58号線を西進し、県道25号線に入ります。県道25号線を進み、山口市秋穂東に入ります。山口市秋穂東尻川湾岸に到ります。南東方向に海に突き出た草山崎が見えます。山上は草山公園になっています。草山公園の反対側は中道海水浴場です。  
   
尻川湾岸から南方向から少し西寄りに、上の地図にない竹島(山口市)が見えます。
   
県道25号線を西進し、山口宇部道路に入り南進し、宇部市に入ります。山口宇部道路から県道220号に入り山口宇部空港に到ります。  
   
東京行のスターフライヤー機が滑走路に向かいます。山口宇部空港は周防灘沿岸につくられました。
   
県道220号から国道190号線に入り西進します。国道190号線から県道6号を経由し、県道354号を南下し、山陽小野田市に入りきららビーチ焼野に到ります。  
   
きららビーチ焼野の向こうに九州の山々が見えてきます。
   
県道354号から国道190号線に入り西進します。下関市に入り国道2号線に合流します。国道2号線から国道9号線に入り、下関市長府の豊浦高校横の交差点を左折し、坂道を左折し上りつめた高台に豊功(とよこと)神社があります。ここは満珠・干珠二島を展望する絶景の地になっています。東方向に上の地図にない島の満珠(先)・干珠(手前)があります。  
   
南方向から少し東寄りの対岸の太刀浦海岸(北九州市門司区)です。切り取られた山の左側に、小さく部埼灯台が見えます。この左側の満珠・干珠と部埼を結ぶ線の南西方向、ここを右に行くと関門海峡です。
   
国道9号線から国道2号線に戻り、国道関門トンネルをくぐって関門海峡を渡ります。本州から九州、山口県下関市から福岡県北九州市に渡りました。県道25号から県道72号を通り、北九州市門司区白野江から周防灘沿岸を北上します。行き止まりの高台に部埼灯台はあります。山腹に部埼灯台が立っています。イギリス人技師リチャード・ヘンリー・ブラントンによって設計され、1872(明治5)年1月22日に点灯されました。  
   
部埼灯台(北九州市門司区)から北方向です。右側が満珠で、干珠は左側の白い煙突の右下に見えます。関門海峡東口で、関門海峡へは左に入って行きます。
   
東方向です。下関市から山陽小野田市の周防灘沿岸です。  
   
南東方向です。関門海峡を航行を控えた船が周防灘で待機しています。
   
県道72号にもどり、県道25号を南下し、北九州市小倉南区に入ります。県道25号から県道245号に入ります。県道245号の空港連絡橋を渡ると北九州空港になります。  
   
北九州空港は周防灘に建設された海上空港です。空港の北側は北九州市小倉南区で、南側は京都郡苅田町です。
   
西方向です。右側に見えるのは地図にない間島(まじま)です。間島から陸地側は曽根干潟です。  
   
東京行のスターフライヤー機に搭乗しています。その先東側に周防灘が広がっています。
   
県道245号を戻り、県道25号を南進します。県道25号から国道10号線に入り、国道10号線行橋バイパスで行橋市に入ります。国道10号線行橋バイパスから県道246号、県道25号を経由して稲童海岸(行橋市)に到ります。稲童海岸から北方向です。左側にぼんやり北九州空港が見えます。  
   
稲童海岸から南方向です。航空自衛隊築城基地があります。周防灘は干潮でした。
   
県道25号に戻り、国道10号線に入ります。豊前市で国道10号線から県道113号に入ります。吉富町で県道108号に入り、山国川を渡ると福岡県から大分県中津市に入ります。県道23号に入って大新田海浜公園(中津市)に到ります。北西方向です。  
   
大新田海浜公園の東方向です。
   
県道23号を東進し、宇佐市を経由して豊後高田で国道213号線に入ります。国東半島の国道213号を北上し真玉海岸(豊後高田市)に到ります。南西方向です。  
   
真玉海岸の北方向です。
   
国道213号線を北上し国東市に入り、国東半島の北に到ります。左折すると姫島へのフェリー発着の伊美港との案内がありますが、直進します。すぐにトンネルになり、過ぎると左手に「道の駅くにみ」があります。その奥が海水浴場です。海水浴の防波堤から海水浴場を眺めています。左の建物が「道の駅くにみ」です。  
   
「道の駅くにみ」の奥、海水浴場の防波堤から北東方向に姫島(姫島村)が見えます。
   
姫島の東側、右側に祝島(上関町)が、その左側に小祝島(上関町)がぼんやり見えます。  


You Tube でこのページの動画がご覧になれます
この先をクリックしてください → 周防灘


 

トップへ

北九州の景色へ

ホームへ