北九州の旧五市

ホーム


門司
 

門司は本州との間を隔てる関門海峡を前にして、古代より交通の要衝でした。

次の内容で門司を紹介します。
1.門司の昔
2.門司市域
3.門司の近代
4.門司の鉄道と駅
5.門司の今
6.門司のにぎわい

 

1.門司の昔
 

535年、現在の門司である豊国のみ碕(みさき 現在の田野浦)に屯倉(みやけ)が置かれます(日本書紀)。この頃、大和朝廷によって直接支配されていたことが分かります。古代律令下、九州を統治する機関として大宰府が設けられ、関門海峡の押さえとして門司関が置かれました。その後近世まで、門司は豊前国企救郡に属していました。

門司関跡

 

平安時代後期、武士の勢力が強くなり、平氏が政権を握りますが、それも永く続かず、源氏に京を追われます。西国に地盤を持っていた平氏は安徳天皇を奉じて大宰府に逃げます。そして、再度東上の折、門司に「柳の御所」を構えます。大里は内裏に由来します。1185(文治元)年、壇ノ浦の戦いで破れ、平氏は滅亡します。

平氏滅亡後、東国の御家人が地頭職として任ぜられますが、そのひとり下総親房(しもふさちかふさ)は門司に下向し、現在の和布刈公園の古城山にあった、門司城を本拠とします。その後この一族は門司氏と称します。その支配地は小倉区の紫川東岸から門司区一帯にわたり、その所領地に6つの系統の門司氏が分立します。

室町時代、周防・長門の大内氏は大きな力を持ち、現在の北九州も支配していました。大内氏は明や朝鮮と貿易を行い、利益をあげていました。しかし、倭寇が横行していたため、勘合貿易(かんごうぼうえき)を行うようになります。そして、対明貿易は次第に、大内氏に独占されるようになります。貿易船は門司で造られ、遣明船の船頭に門司氏がなっていました。このように対明貿易において、門司氏の力は不可欠でした。

戦国時代、毛利氏が大内氏に取って代ります。そして、毛利氏と豊後の大友宗麟が豊前・筑前を舞台にして争いますが、毛利氏は追い出されます。しかし、島津氏が九州南部より攻め上がって来たため、大友宗麟は豊臣秀吉に援助を求め、秀吉によって九州は平定されます。

関が原の合戦後、豊前国に入った細川忠興(ただおき)は小倉城を築城します。1615(元和元)年、一国一城令が出され、門司城は取壊されます。その後、細川氏は肥後国に転封し、小笠原忠真(ただざね)が豊前国に入国し、幕末まで続きます。

江戸時代、大里は宿駅でした。ここから関門海峡を渡っていました。そのため、御茶屋や九州各藩の本陣もありました。田野浦も港町として発展しており、廻船が往来していました。



2.門司市域
 

西暦

元号

市域拡大状況

1868

明治元

門司は田野浦町・田野浦村・楠原村・門司村の一町三村でした

1887

明治20

楠原村・門司村が門司村に、田野浦町・田野浦村が田野浦村になります

1889

明治22

門司村・田野浦村・小森江村が文字ヶ関村になります

1894

明治27

文字ヶ関村が門司町になります

1899

明治32

門司町が門司市になります

1908

明治41

柳ヶ浦村が大里町になります

1923

大正12

門司市は大里町を併合します

1929

昭和4

門司市は東郷村を併合します

1963

昭和38

門司市は五市合併で北九州市門司区になります



3.門司の近代
 

1891(明治22)年、門司駅が開業し、門司を基点にして、現在の鹿児島本線は伸びて行きます。交通の要衝である門司は海でも、同年門司築港が設立され、特別輸出港に指定されます。明治期は門司港の方が若松港より多く石炭を積出していました。

門司港は、1899(明治32)年一般開港し、外国貿易港としてスタートします。三井・三菱等の商社や銀行、船会社が進出し、明治後期には、門司港は九州一の貿易港となります。そして、港を中心にした近代都市が形成されてゆきます。この頃より、バナナが門司港に入ってきて、大正期には一般の人も食べるようになりました。バナナは台湾産がほとんどでしたが、戦後、フィリピン産、南米産が増えています。バナナの叩き売りは門司港が発祥の地です。

旧大阪商船

 

1911(明治44)年出光石油の創業者出光佐三は門司に出光商会を開店し、その後、商工会議所の会頭に就いて、地元経済界で活躍しました。

八幡製鐵所が操業開始した後、北九州各地に工場が建設され、北九州は四大工業地帯と呼ばれるようになります。門司はそれ以前に、後背地に産炭地を控えていたため、炭鉱用機器を製造した小森江の家入鉄工や、石灰岩が多くあるため、浅野セメントが設立されました。

以下、主要な工場の設立をみてみます。

1888

明治21

 

家入鉄工

1892

  明治25

 

浅野セメント

1906

明治39

 

大日本精糖門司工場

1911

明治44

 

古河電気九州電線

1917

大正6

 

門司製綱門司伸銅工場

1920

大正9

 

日本製粉

1921

 大正10

 

日本ビール

1926

 大正15

 

岡野バルブ


港を中心にして門司は発展を遂げ、それに伴って、商業活動は活発になり、大正・昭和にかけて栄町商店街はにぎやかになりました。1930年代は地方百貨店時代の幕開けの時期で、門司にも1938(昭和13)年、平井屋デパートが開店し、戦後、山城屋となります。



4.門司の鉄道と駅
 

九州で最初に汽車が走ったのは1889(明治22)年12月のことであり、九州鉄道会社によるものでした。北九州の最初は、同社により、1891(明治24)年2月遠賀川−黒崎間が開通した時でした。同じ年の4月黒崎−門司間が開通しました。黒崎−門司間は黒崎・小倉・大里・門司の4駅でした。そして、黒崎−小倉間は現在の鹿児島本線とは違い、海岸沿いでなく、内陸部を通っていました。

このように、私鉄によって経営されていた鹿児島本線は1907(明治40)年国有化されます。そして1987(昭和62)年、再度民営化され、JR九州になっています。

門司で取り上げる駅は大里と門司の2駅です。

大里駅は企救郡柳ヶ浦村に建てられました。1941(昭和16)年、駅舎は500m程西に移転されました。翌年1942(昭和17)年門司駅と改称されました。そして、改称のきっかけとなった関門トンネルが、同年開通しました。

最初の門司駅は企救郡文字ヶ関村で開業しました。このとき、赤レンガの二階建ての建物が建てられ、その裏にホームがあったようです。この建物が九州鉄道の本社で、それまでの博多の仮本社から移転しました。この建物はその後国有化された後も、国鉄によって使用されました。
1901(明治34)年、下関−門司間に関門連絡船が開通しました。しかし、門司駅と連絡船桟橋が離れていたため、1914(大正3)年200m北に駅舎が新築され、移転しました。

1942(昭和17)年関門トンネルが開通すると、トンネルを通った列車は隣の大里駅に着くようになります。このため、大里駅は門司駅に、門司駅は門司港駅に改称されました。この後門司港駅の乗降客は減少し、1964(昭和39)年連絡船も廃止されます。
門司港駅は、国の重要文化財で、大正ルネサンス調の駅舎ですし、大正ロマンの薫り高い建物が周辺の門司港一帯に残されており、観光地、門司港レトロとして整備されて、近年は乗降客が増えてきています。

門司港駅

 



5.門司の今
 

門司は西日本有数の港湾機能を有してました。鉄道も九州最大のターミナルがあり、九州の玄関口の役割を持っていました。交通の要衝の機能を利用して、製粉・製糖・ビール・アルコール・セメント・電線・非鉄金属・金属製品等の産業を集積していきました。
 

しかし、1942(昭和17)年鉄道の関門海底トンネルが開通し、戦後、1958(昭和33)年国道海底トンネルが開通し、1973(昭和48)年には高速道の関門橋が開通します。その都度、門司の交通上の重要性は次第に低下してゆきます。

関門橋

 

地理上の優位性により、日本銀行北九州支店、新聞社の本・支局は門司にありましたが、1963 (昭和38)年、五市合併後は小倉に移転しました。マスコミ関係は更に小倉から福岡に機能を移していますし、国鉄も民営化され、JR九州の本社機能は門司からすべて福岡に移っています。

小売業は1960年代まで、北九州全体では、九州地域で最大の販売額でした。しかし、五市合併後は小倉・黒崎に商業機能が集中する傾向が強くなり、門司の販売額は減少していきました。そのような傾向のなか、戦前から続いていたデパートの山城屋は閉店してしまいました。

機雷除去による関門航路の安全確保と施設の復旧により、北九州の港湾取扱貨物量は昭和30年代には日本一でした。しかし、五市合併時には他の主要港湾に並ばれるようになっていました。
このため、合併を期に、門司・小倉・洞海の三港は県や市を母体とする北九州港管理組合を発足させ、貨物の増大と港湾近代化に対処することになりました。
その後、この組合は解散し、北九州市港湾局が管理するようになります。
門司では、新門司の臨海工業団地造成、太刀浦埠頭の整備、田野浦コンテナターミナルの建設を行いました。
その後、新門司臨海工業団地造成計画は変更され、物流産業の立地、物流ターミナル整備、カーフェリー基地建設が進められ、1990(平成2)年、西日本最大のフェーリーターミナルが完成し、翌年にはマリーナが開設されました。

最近の門司の状況は、北九州ルネサンス構想の個別の実施で見ていきます。
なお、北九州ルネサンス構想については「北九州の旧五市」の「北九州ルネサンス構想」をご覧下さい。

門司での構想実施地域は、臨空・臨海エリアと関門エリアです。
まず、臨空・臨海エリアです。このエリアは門司区と小倉南区にまたがる周防灘に面したエリアです。
フェリー基地と、建設されている新北九州空港、東九州自動車道の陸・海・空の三拍子揃った複合輸送拠点の創出を目指しています。
ここでは、門司区の臨海ゾーンについて書いてみます。
新門司地区には、神戸・大阪・東京を結ぶ九州最大のフェリー基地があり、九州自動車道のインターチェンジがあり、西本最大のコンテナー基地がある太刀浦とも隣接している国際及び国内物流の結節点になっています。

次に、関門エリアです。門司港は1889(明治22)年開港し、2年後には鉄道が熊本の高瀬まで開通しました。門司港は大陸貿易の基地、九州の玄関口として栄え、商社や金融資本が進出した当時は最新の港湾都市でした。この当時の建物と、関門海峡の自然を生かした新しい都市型観光拠点の整備が進んでいます。また、関門国際航路に面しており、西日本最大のコンテナーターミナルが整備されています。
関門エリアは3つのゾーンからなっています。
(1)レトロゾーン(門司港レトロ地区)
国際貿易港として栄えた門司港地区を再生し、門司港レトロから、海峡めぐりの和布刈(めかり)地区を含め大正ロマンあふれるまちづくりを進めています。その結果、この門司港レトロは現在北九州最大の観光地になっています。
(2)国際物流ゾーン
北九州港は外国貿易港、国内物流の拠点港で、産業、経済を支えていますが、その主翼を担っているのが、最初にコンテナーターミナルが建設された田野浦地区ですし、西日本最大のコンテナーターミナルがある太刀浦地区です。
(3)海峡未来ゾーン
JR門司駅を中心とする大里地区ではサッポロビール九州工場跡地を利用し、関門海峡の景観を利用した食・遊・住の機能が融合する都市機能の整備が現在進められています。また、操車場跡地を利用した貨物ターミナル駅が整備されています。



6.門司のにぎわい
 

栄町商店街
市内でも歴史のある商店街ですので、洒落たレトロな雰囲気を持ったお店もあります。門司港がさびれると同時に、商店街もさびれましたが、門司港レトロとして再生してきた昨今、少しずつにぎやかさを取り戻しています。

 

 

大里
関門鉄道トンネルが開通すると、門司の中心は門司駅がある大里地区に移っています。門司駅の南側に商店街はあります。北側の大里本町の再開発が、現在進められています。
写真はみずき通りです。

 

トップへ

北九州の旧五市へ

ホームへ