旧石器・縄文・弥生

北九州の歴史

ホーム

縄文時代

旧石器・縄文・弥生
旧石器時代
 

分析によっては遺跡の測定年代は変わってきます。科学の進歩によって、発掘の成果によってここで扱う時代は、新しく書き改められる可能性が一番ある時代と言えます。
日本で最古の遺跡は、現在、岩手県の金取遺跡で、今から8〜9万年前のものと言われています。この時代は旧石器時代と言われ、地質年代としては、新生代・第四紀・更新世(洪積世)の後期に当たります。地球は氷期と間氷期を繰り返しますが、最終氷期の後半の1万7〜8000年前まで、日本列島は南北で大陸とつながっていました。2万年前は現在より7〜8度温度が低く、海面は140mほど低かったといわれています。このウルム氷期にもナウマン象やオオツノシカなどの動物が大陸から渡来しました。平尾台(小倉南区)で多数の動物の化石が発見されますが、陸橋となった対馬海峡を渡って大陸から来た動物の化石も発見されます。これらの動物は旧石器人の狩猟の対象になりました。
 
旧石器人は狩猟と採集で食料を得ていました。採集は森に行っていましたが、2万年前頃の北九州は針葉樹の森でした。それ以前は落葉広葉樹が優勢でした。
旧石器時代と新石器時代の区分は、前者が打製石器の時代に対し、後者は打製石器と磨製石器の併存する時代と言うことができます。旧石器時代は石器の形により、前期・中期・後期・晩期に分けることができます。
八幡西区馬場山丘陵の洪積台地の辻田遺跡では8〜9万年前の堆積層より石器が出土しています。若松区蜑住(あますみ)の椎木山遺跡からは旧石器時代後期の竪穴住居跡が発掘されています。