飛鳥時代

北九州の歴史

ホーム

1.聖徳太子←|→ 3.白村江の敗戦

飛鳥時代
2.大化改新 
 

冊封と言うのは中国の皇帝が臣下に爵位や官職を与えて統治することを認めることを言いますが、朝鮮の三国の国王は唐の高祖によって冊封されます。唐は次代の太宗の時代にますます繁栄します。
日本では馬子の子の蘇我蝦夷(えみし)が実権を握っていました。急激な国際情勢に対して、遅れて日本は唐に使いを出します。この遣唐使の帰国の際に遣隋使とともに渡った僧旻が帰国します。その後、新羅を経由して、高向玄理・南淵請安が帰国します。彼らは律令によって中央集権国家を作り上げた唐を見聞していました。彼らを師として蝦夷の子の蘇我入鹿(いるか)や中臣鎌足らが学びました。
 

この頃、女帝の皇極天皇が即位します。皇極天皇は飛鳥板蓋(いたぶき)宮を造営します。そして、蘇我入鹿が次第に実権を握っていきます。その様子は国王のように振舞っていたと言われています。蝦夷から大臣の地位を引き継ぐと、入鹿は、遂には聖徳太子の子の山背大兄(やましろのおおえの)王の一族を滅ぼします。これによって人心は入鹿から離れていきます。

645年中大兄(なかのおおえの)皇子や中臣鎌足は飛鳥板蓋宮で、蘇我入鹿を斬殺し、翌日蝦夷は自刃します。皇極天皇は皇位を中大兄皇子に譲ろうとしますが、皇子は位に就かず、皇太子にとどまります。中大兄皇子は左大臣に阿倍内麻呂、右大臣に蘇我倉山田石川麻呂の旧勢力を任命します。しかし、中大兄皇子は中臣鎌足を内大臣に任命して実質権限を握り、政治顧問である国博士(くにはかせ)に唐から帰国した僧旻と高向玄理に迎えて中枢を固めました。


翌646年、大化改新の詔が発せられます。その文章は後代に加えられたと思われますが、大体の内容を次に見てみます。臣・連・伴造が私有する氏と土地をやめ、公民にし、天皇の屯倉とする。それを実現するため、官僚体制をつくり、旧体制の人達に経済的保証を確立しょうとしました。そして、地方の行政機構や一般の民の負担を規定しています。このようにして朝廷は国の体制の転換を図り、古来の慣習の変革にも乗り出します。その中に、古墳造営の規制があります。最上位の冠位以外は古墳の造営は認めないというものでした。

新政府は惣領(そうりょう)と呼ばれる国司(後の国司とは違います)を東国(三河・信濃以東)に派遣します。その任務は在来の地方組織はそのままにして、民の人口や土地を調査することと、武器を取り上げることでした。こうして、広大な東国を支配下に置こうとしました。また、新政権は新たな訴訟機関を設けたり、良民と奴婢(奴隷のこと)を区分する法を定めたり、仏教界に対する統制を行いました。

朝鮮半島では三国が争い、百済と高句麗はそれぞれ新羅を攻撃しました。唐は新羅を保護する方針をとりました。高句麗は唐の侵入に備えて防備を固めます。唐の太宗は日本が大化改新の頃、何度か高句麗に出兵します。新政府は高向玄理を新羅に派遣し、新羅が人質を出すことと、既に百済に任那が侵略されていましたので、新羅に対する任那から日本への貢物は止めることを取り決めました。人質として金春秋が来日します。金春秋が帰国した後、唐と新羅の関係はさらに深くなります。このように唐と新羅が密着することにより、新羅は日本に対して優位な立場で臨んできました。

新政府は東国と並んでその北方にも関心がありました。宮城や新潟の蝦夷を征服していきました。7世紀後半、阿倍比羅夫が東北に遠征し、秋田・津軽を征服します。

 

1.聖徳太子←|↑2.大化改新|→3.白村江の敗戦

飛鳥時代

北九州の歴史

ホーム