飛鳥時代

北九州の歴史

ホーム

3.白村江の敗戦← 

飛鳥時代
4.壬申の乱
 

天智天皇の次は弟の大海人皇子(おおあまのみこ)が継ぐのが当時の慣習からは当然でしたが、地位の低い女性の生んだ天智天皇の子の大友皇子を太政大臣に任じました。これにより、大海人皇子は皇位の望みを失います。天智天皇が病床に伏すと大海人皇子は身の危険を感じ、吉野に退きます。
天智天皇の死の翌年、672年、大海人皇子は吉野を発って、伊勢・美濃・尾張を掌握します。大和では大海人皇子に呼応した軍が挙兵します。大海人皇子は東国で軍を編成し、近江大津宮を目指します。そして遂に、近江大津宮は陥ち、大友皇子は自決します。この乱が成功したのは、白村江の敗戦やその後の国土防衛の負担や庚午年籍にみられる国・評・里の郡県制を急速に実施したことによる朝廷への地方豪族からの反発が大きかったものと思われます。

大海人皇子は新しい宮の飛鳥浄御原宮(あすかきよはらのみや)で即位して、天武天皇となります。この頃、朝鮮半島では唐・新羅軍が百済・高句麗を滅ぼします。朝鮮の統一を目指す新羅に対し、唐は百済・高句麗の故地を直接統治しようとします。そのため両者は対立しますが、しだいに唐は圧迫され、直接統治することをあきらめ、ここに新羅の朝鮮統一が成立します。このような朝鮮情勢が安定することにより、唐の制度の導入と国内の体制づくりを天武天皇は急ぎました。

地方の大小の豪族は国造(くにのみやっこ)、評造(こおりのみやっこ)として大和朝廷に従っていましたが、彼らは土地や人々を私的に支配していました。彼らをこの土地や人々から切り離して官僚とすることが、天武天皇の大方針でした。即ち、土地と人々は公地公民とします。豪族には食封(じきふ)などの俸禄を支給して、その地位は官僚組織の中に準備するというものでした。
中央の官制は太政官、大弁官、六官といった、簡素で、天皇の独裁色の強いものでした。地方では、この頃より行政官の国司が置かれ、評督(こおりのかみ)、助督(すけのかみ)という地方官が設けられます。官僚はその人品と才能で採用されるのが基本ですが、地方豪族を官人に採りたてる際には、旧来の特権的身分が考慮されています。中央の豪族の場合も同じでした。しかし、天皇は建前として基本を通そうとしました。そのため、八色の姓(やしきのかばね)を定めました。同じ冠位の者がいても、姓によって門地の高さをあらわすようにしました。

 

3.白村江の敗戦←|↑4.壬申の乱

飛鳥時代

北九州の歴史

ホーム