北九州の歴史

ホーム

鎌倉時代2←|→室町時代

南北朝時代
 

目次
1.南朝

2.三分立

3.南北朝時代の社会

4.南北朝合一

5.南北朝時代の北部九州

 

年表 (南朝) (北朝)
1333 元弘3           後醍醐天皇帰京、記録所・恩賞方設置。
1335 建武2           北条時行、鎌倉を攻める。中先代の乱
1336 延元1 建武3 建武式目制定。南北朝分裂。
1338 延元3 暦応1 足利尊氏、征夷大将軍となる。
1339 延元4 暦応2 後醍醐天皇、没す。
1348 正平3 貞和4 楠木正行、四条畷で敗死。
1350 正平5 観応1 足利尊氏・直義の対立激化。
1358 正平13 延文3 尊氏、没す。義詮、征夷大将軍となる。
1368 正平13 応安1 足利義満、征夷大将軍となる。
1368             朱元璋、明を建国。
1378 天授4 永和4 義満、室町新第(花の御所)に移る。
1391 元中8 明徳2 山名氏清・満幸、幕府に反すが、敗死。明徳の乱
1391 元中9 明徳3 南北朝合一。
1392             李成桂、李氏朝鮮を建国。