南北朝時代

北九州の歴史

ホーム

4.南北朝合一← 

南北朝時代
5.南北朝時代の北部九州
 

1336(延元元)年、後醍醐天皇が比叡山に逃れたとき、懐良(かねなが)親王を征西大将軍に任じ、九州から軍勢を率いて東上せよと、命じました。親王一行は伊予の忽那(くつな)諸島に到着します。忽那氏は瀬戸内海の海賊の雄でありました。惣領は北朝方でしたが、弟は南朝方でした。
1341(興国2)年、一行は忽那諸島から九州薩摩に到着し、守護島津氏に対抗する谷山氏の居城に入ります。大宰府で九州での拠点を築き、九州の武士を率いて上洛することが目的でした。大宰府進攻に親王らが最も期待したのは肥後の菊池氏でした。
菊池氏は鎮西探題北条英時を攻撃したとき以来南朝方でした。この折、菊池武時が戦死し、武重が継ぎました。武重は強力な武士団を形成しました。その後、武光が惣領に選ばれました。
1347(正平2)年、大規模な陽動作戦を展開している間に、親王一行は谷山から海路を八代を経て、肥後宇土に着きます。
1347(正平2)年、肥後菊池郡隈府(わいふ)に、懐良親王一行を、菊池武光は迎えました。九州は筑前の少弐氏、豊後の大友氏、薩摩の島津氏らに代表される豪族と、九州探題一色氏、それに懐良親王の宮方が鼎立しました。

 

1349(貞和5)年、足利直冬が九州に下向すると、博多の一色氏と対立していた少弐頼尚(しょうによりひさ)は直冬を大宰府に迎え入れました。足利直義が高師直を滅ぼし、直冬を九州探題に任命すると、直冬・少弐の勢力が伸び、一色氏は一時期、宮方に付きました。しかし、直義の死後、直冬の勢力は衰え、直冬は長門に転進します。一色氏は尊氏方に戻り、少弐氏が宮方に移って行きました。
1353(正平8)年、少弐氏を応援した菊池武光と一色範氏が針摺原(はりすりはら、福岡県筑紫野市)で戦い、一色氏はこの合戦で敗れました。

北九州では、伊川・柳・大積系の門司氏は宮方で、猿喰(さるはみ)城を本拠地にしていました。片野・楠原・吉志系の門司氏は幕府方として門司城を本拠地にしていました。吉志系の門司親胤(ちかたね)は、長門の厚東武直(ことうたけなお)と海上で合戦したり、門司関と赤間関間や小倉津沖で敵方と戦っています。
宮方は大宰府に入っていました。1356(正平11)年、菊池軍は豊前から筑前にかけて遠征しています。門司親胤は惣領片野系の親資(ちかすけ)とともに、足立や片野で菊池軍と戦っています。しかし、戦いに敗れ、一色範氏の子の直氏とともに長門に逃げています。
麻生氏は山鹿氏の所領を与えられています。それは山鹿氏が宮方に付いたためと思われます。この後、山鹿氏本流は麻生氏に取って代わられます。菊池軍の遠征に対し抗戦しますが、一色直氏とともに長門に逃げています。
北九州の長野氏や貫氏は宮方に付いていました。
この時点で一色範氏・直氏の九州での活動は終わり、京都に戻りました。

 

菊池軍は豊後に遠征し、大友氏を下します。更に、菊池軍は日向に遠征し、直冬方の畠山氏と戦います。このように宮方軍が日向に出かけた隙に、少弐氏と大友氏は宮方に反旗を翻します。
1359(正平14)年、菊池軍と少弐軍は筑後川で戦います。激戦の後、少弐氏は敗れ、宝満山に退きます。この後、少弐氏は大宰府を奪回できず、衰退していきます。
1361(正平16)年、大宰府に入った菊池軍は懐良親王を迎え入れました。この後、12年間にわたって懐良親王の征西府が九州を支配下に置きます。
長門守護厚東義武が幕府方に付くと、周防守護大内弘世(ひろよ)は宮方に付き、長門に攻め入り、厚東義武は九州に逃げました。

足利義詮は一色範氏の後に、斯波氏経(しばうじつね)を九州探題として派遣します。氏経は大内弘世に長門・周防の守護職の就任を働きかけ、弘世はこれを受諾しました。そこで、厚東義武は鞍替えして宮方に付きました。

1363(貞治・じょうじ2)年、門司親胤の子の親尚が門司城にいました。親頼は猿喰城、親通は柳城にいて、この宮方門司氏と菊池軍は門司城を包囲する作戦を取りました。門司城の親尚は九州探題の斯波氏経に連絡して、大内氏の出兵を促しました。
大内弘世は渡海し、赤坂に布陣し、柳城を攻めます。この折、弘世は負傷します。その子の満弘は柳城の親通に幕府方に寝返るように画策します。親通は裏切り、大内軍を猿喰城に導き、遂に猿喰城は落城します。ここに大内氏は豊前進出の第一歩を記しました。

門司区城山霊園から望む山が猿喰城跡

しかし、豊後に入った斯波氏経は征西府の勢力が強く、それ以上進めず、引き返してしまいました。
1365(貞治4)年、渋川義行が探題として派遣されますが、備後から先に進めず、引き返してしまいました。

1370(応安3)年、遠江の守護、引付方頭人の今川了俊(りょうしゅん)が九州探題に任じられました。了俊は四国を支配していた細川頼之と長門・周防の守護大内弘世の援けを受けて京都を出発しました。
了俊は子義範と弟仲秋(なかあき)を先発隊として出発させ、征西府のある大宰府攻略を目指しました。
義範は豊後に上陸して大友親世(ちかよ)とともに、仲秋は肥前に上陸して松浦党を支配下に進み、了俊は本隊を率いて門司から大宰府を目指しました。門司親尚は了俊に従い各地を転戦しています。
1373(応安6)年、菊池武光が守る征西府を攻略しました。武光は筑後高良(こうら)山に籠もりますが、大宰府を奪回できず、懐良親王とともに肥後隈府に引き上げます。
肥後水島城を攻略し、了俊は島津氏久、大友親世、少弐冬資(ふゆすけ)を招きますが、冬資は参陣しませんでした。再三の招きで冬資は参陣しますが、その行動に疑問を持った了俊によって、陣中で冬資は謀殺されました。
了俊の処置に怒った島津氏久は軍を引き上げました。このため、陣中の動揺は激しく、隈府を攻撃することは不可能となりました。
逆に、1377(永和3)年、菊池武朝・阿蘇惟武(これたけ)によって肥前国府が攻撃され、了俊は大内義弘・大友親世の協力によってこれを食い止めることができました。この戦いの惟武の戦死と武朝の敗走は宮方の痛手となりました。

鎌倉時代、到津荘地頭職が宇佐八幡宮に寄進されています。1329(元徳元)年、大宮司に就いた宇佐公連(きんつら)は到津荘地頭職を領し、南朝を支持していました。しかし、建武新政府が崩壊すると、公連は到津荘に退去しています。そしてこの時代、宇佐八幡宮内の神官内でも南北朝に立って対立していました。公連は到津荘に土着して到津家を創立しました。到津氏は九州探題今川了俊の推薦により、公連の子、または孫の公規(きみのり)が宇佐大宮司に任ぜられ、宇佐に帰還しました。この後、清末氏が代官職及び到津八幡宮社司職に任ぜられました。

 

4.南北朝合一←|↑5.南北朝時代の北部九州

南北朝時代

北九州の歴史

ホーム