北九州の歴史

ホーム

江戸時代2←|→江戸時代4


江戸時代3
 

目次
1.村と社会

2.宝暦~寛政期

3.化政期

4.化政期の社会と文化

5.内憂外患

6.天保の改革

7.小倉・福岡藩の改革

 

年表
1756 宝暦6 大岡忠光側用人になる。
1772 安永1 田沼意次老中になる。
1788 天明8 老中松平定信、将軍補佐となる。
1789 寛政1 棄捐令発する。
1790 寛政2 旧里帰農令発する。
1804 文化1 ロシアのレザノフ、長崎に来航、通商を求める。
1819 文政2 幕府、物価引下令を出す。
1825 文政8 幕府、異国船打払令を出す。
1837 天保8 大塩平八郎の乱起こる。
1839 天保10 渡辺崋山・高野長英ら捕らえられる。(蛮社の獄)
1842 天保13 全ての問屋・組合・株仲間を解散させる。
1843 天保14 上知令を布告。
1851 嘉永4 問屋・株仲間の再興を許す。