北九州の催事

ホーム


北九州のイルミネーション    
[2014/12/20]
 

 
年末から年初にかけて、イルミネーションは冬の風物詩になっています。ここでは北九州の2014年の主なイルミネーションを以下の順序で紹介します。

小倉北区では「小倉イルミネーション2014」として、11月7日(金)~1月12日(月)17:00~23:00点灯されます。小倉イルミネーションは2001年から始まりました。場所は紫川周辺、小倉駅周辺です。

門司区の門司港レトロは、年間を通じてライトアップされています。冬のイルミネーションも回を重ねてきましたが、2013年門司港レトロ浪漫灯彩としてリニューアルされました。「イルミネーション2014 門司港レトロ浪漫灯彩」は11月22日(土)~2月22日(日)17:30~22:00(1月は18:00~、2月は18:30~)点灯されます。

八幡東区の「八幡駅前イルミネーション2014」は、11月14日(金)~1月16日(金)18:00~22:00点灯され、南の皿倉山山頂下の急斜面のイルミネーションを望むことができます。

八幡西区の「黒崎イルミネーション2014」は、11月21日(金)~1月12日(月)17:00~22:00点灯されます。場所は黒崎駅前、ふれあい通り、黒崎中央公園(三角公園)です。

八幡西区の「折尾イルミネーション」は、11月28日(金)~1月15日(木)17:30~24:00点灯されます。場所は折尾駅北口駅前広場西側ロータリー、堀川沿い、学園大通りです。

若松区の「若松イルミネーション」は、1月31日(土)まで18:00~23:00点灯されます。場所は南海岸通り、連歌広場です。

各地の日程はそれぞれ違いますが、11月から始まり、1月まであるのがほとんどです。ここでは2014年の日程を記載します。
例年ほぼ同じ期間開催されると思いますが、年によって若干違いますのでので、検索してお出掛け下さい。場所とイルミネーションで検索できると思います。
紫川の下流は小倉北区の市街地を流れて関門海峡に注ぎます。紫川に架かる勝山橋から南側上流にある鷗外橋の光の回廊を見ています。
紫川の下流の詳細は、「北九州のみどころ」の「紫川」をご覧ください。
勝山橋から見た西側です。道路は国道199号線で、左側は複合商業施設リバーウォーク北九州です。国道199号線は下流にバイパスがあり、小倉駅の北側を通ります。
   
リバーウォークの横の紫川沿いを上流に進みます。  
   
リバーウォークの南側の小倉城の濠沿いの通りです。
   
濠沿いを一周する機関車型自動車「きらぽっぽ」が運行されています。運行は12月末までの土日祝日です。  
   
リバーウォークの南、濠側の入口です。
   
リバーウォーク北九州内の噴水がある広場に、クリスマスツリーが飾られています。高さ15mで、12月25日(木)まで点灯されます。  
   
紫川に架かっている鷗外橋は、光の回廊で飾られています。鷗外橋は歩行者専用橋です。橋の先を東に進むと、鍛冶町の森鷗外旧居の前に到ります。
鷗外の小倉時代については、「北九州点描」の「森鷗外旧居」をご覧ください。
   
鷗外橋から上流の右岸です。中央の建物は北九州市庁舎です。  
   
左岸、東側下流側からの鷗外橋です。
鷗外橋を渡ると、道はデパート井筒屋本館と新館の間を通っています。南側の新館です。
井筒屋新館入口です。
小倉駅南口です。小倉北区・小倉南区の市街地を通るモノレールが駅から発着します。駅前はペストリアンデッキ(人工地盤)になっています。そこにイルミネーションに飾られた塔が2つ立っています。
   
小倉駅南口前のイルミネーションに飾られた塔です。  
   
門司港レトロでは、門司港駐車場に駐車し、はね橋のブルーウイングに向かいます。ブルーウイング手前の港ハウス付近です。
   
はね橋ブルーウイングは旧門司港税関の横に架かっています。第一船溜りの入口の両岸を結ぶ歩行者専用橋で、船が船溜まりに出入りする時に上に開きます。
ブルーウイングから見た門司港ホテルです。
   
門司港ホテルの関門海峡側からは関門橋が望めます。
1973(昭和48)年、関門海峡の早鞆瀬戸(はやとものせと)に関門橋が開通し、本州と九州は高速自動車道でつながりました。
   
門司港ホテルの正面を西側に行くと門司港駅になります。その通りの眺めです。右手は旧大阪商船です。  
   
門司港駅は国の重要文化財です。大正ルネサンス調の駅舎は現在保存修理のため解体工事中です。2018(平成30)年3月に工事は完了する予定です。
   
門司港駅の斜め前に旧門司三井倶楽部があります。国の重要文化財に指定されています。  
   
旧門司三井倶楽部の横の道を裏に行きますと第一船溜まりに出ます。船溜まりの西側に複合商業施設海峡プラザがあります。その前からの船溜まり入口の眺めです。中央がはね橋ブルーウイングで、右が旧門司税関、左が門司港ホテルです。
第一船溜まり沿いに回って来ました。その前を通った海峡プラザが見えます。旧門司税関に戻ると、第一船溜まり付近を一周したことになります。
門司港レトロの詳細は、「北九州のみどころ」の「門司港レトロ」をご覧下さい。
   
八幡駅前の高橋秀の「浮上計画」という抽象作品がライトアップされ、その周りをイルミネーションで飾られています。
八幡駅前の詳細は、「八幡のまちかど」の「八幡駅前」をご覧ください。
 
   
  八幡駅前の西側に交番がありますが、その周辺のイルミネーションです。
   
八幡駅前の通りを南に行くと、県道50号八幡・戸畑線と交差します。その南東角にある福岡ひびき信用金庫本店のイルミネーションです。  
   
八幡駅前から標高622mの皿倉山山頂下北側斜面のイルミネーションを見ることができます。皿倉山をクリスマスツリーに見たてたクリスマスのベルです。設置された場所は、8月のお盆の時期の「八文字焼」が行われる急斜面です。福岡県電気工事業工業組合青年部八幡支部の皆さんが、危険な作業を行ないました。
   
黒崎駅前はペストリアンデッキになっていて、下を国道3号線が通っています。駅前広場のイルミネーションです。
黒崎の詳細は、「八幡のまちかど」の「黒崎」をご覧ください。
 
   
黒崎駅前広場から南側の商店街に降りて行く斜面に八幡工業高校生徒達によるイルミネーションが飾られています。
   
黒崎駅前広場から南側に伸びている通りをふれあい通りと呼びます。その通りの駅に近い街路樹がイルミネーションで飾られています。  
   
黒崎の駅前商店街を東に行った所に黒崎中央公園があります。土地が三角形の形から、三角公園と呼ばれています。その公園のイルミネーションです。
   
折尾駅北口駅前広場西側ロータリーのイルミネーションです。折尾駅を中心に折尾地区総合整備事業が行われていて、駅舎も建て替え工事中です。  
   
折尾駅東口から南の堀川沿いのイルミネーションです。
折尾駅前の詳細は、「八幡のまちかど」の「折尾駅前」をご覧ください。
   
折尾駅の西側を北に伸びる学園大通りのイルミネーションです。  
   
洞海湾沿いの若松南海岸通りの旧古川鉱業若松ビルの前に、洞海湾にボードデッキが張り出しています。そこにイルミネーションが飾られています。
若松南海岸の詳細は、「北九州のみどころ」の「若松南海岸」をご覧ください。
   
若松の恵比須市場や大正市場前の連歌広場のイルミネーションです。  

You Tube でこのページの動画がご覧になれます
この先をクリックしてください → 北九州のイルミネーション

トップへ

北九州の催事へ

ホームへ